カラコン装着時のポイント

今までコンタクトをした事がない方にとってレンズという異物を目にいれることはとても勇気がいることだと思います。
私自身もレンズ直径が大きいデカ目用のカラーレンズがコンタクトデビューでした。
当時は眼科の方に習いながら装着を試みようとしても人間本来の防御本能なのか指をなかなか目の際に近づけることができませんでした。

 

装着は決して汚れた手でしないようにすることが第一前提です。
まず利き手の人差し指の先端に目と直接触れる面を上にして乗せ、利き手の反対の手で目を開けます。
ただ、現在日本で販売されているカラコンは全てソフトレンズの為、装着時に爪がレンズにあたると目に見えない破れや傷がつきそこから菌が入って目へと感染する原因になるため注意が必要です。
でもそのふにゃふにゃした柔らかい素材の特徴が生かされ、レンズの一部が瞳に触れるだけでスッと吸い込まれるように目にくっつきます。
あとは目を上下に動かしたりまばたきを何回かすれば勝手にレンズの方からちょうどよい位置に
収まってくれるのでこれで装着は完了です。ここから待ちに待ったカラコン生活が始まります。

 

乾燥しやすい時のお助けアイテム

目の調子が良くない時はできればコンタクト使用は避けたいものですが、そうはいっていられない場面もあるのが事実です。
寝起きや乾燥時期などをはじめ目の潤いが足りない故にレンズが入りにくい時もあります。
ここで無理に装着してしまうと角膜に傷がついて充血を招いてしまい、結果眼病につながるリスクも増えます。
そこでおすすめなのがコンタクト店はもちろん薬局でも販売されている装着液の使用です。

 

レンズの装着面に直接2〜3適足らすことによって瞳とレンズの間でクッション代わりになってくれる役割があるため装着時の不快感をなくすことができます。
コンタクトショップでは商品によって装着時のみの使用でその後の点眼を目的としていないものもありますが様々なコンタクトメーカーから販売されており、特段大きな違いはないのでどの商品を使用しても装着のし易さは実感できます。
薬局等で販売されているものはコストも若干安くまた装着後にも点眼できるものが多いので外出時にも持ち運びができお奨めです。
慣れればコンタクト自体はほんの数秒で装着する事が可能になってきますが、ただでさえ乾燥しやすいと言われている
カラコンなので少しでもドライアイ対策や目の不快感・違和感のストレスをなくすために相性の良い装着液を常備しておくのも良いかもしれません。